スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
【参加記録2012】
3/14 中田裕二 TOUR'11-'12 "tour de romantisme"@赤坂BLITZ
当日の様子はこちら。

サポートメンバー
ドラムのみ白根賢一さんに変更
他の方は日本橋三井ホール同様。


セットリスト
01:リバースのカード
02:虹の階段
03:LOST GENERATION SOUL SINGER
04:新曲
05:バルコニー
06:迷宮
07:記憶の部屋
08:恋わずらい(椿屋四重奏)
09:白日
10:sunday monday
11:endless
12:新曲
13:ベール
14:螺旋階段(椿屋四重奏)
15:新曲
16:ご機嫌いかが

EN1:新曲
EN2:セレナーデ(新曲)
EN3:ひかりのまち

…会議が長引いて、到着したらすでに ご機嫌いかが が始まっていたという、すごーくもったいない参加の仕方。
でも、それでも、行けてよかった!
入った瞬間、挙がった手で埋まるフロアに、胸がいっぱいになった。


6/15 THE NOVEMBERS "Moire2"@Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
W / Lillies and Remains
当日の様子はこちら。

セットリスト
01:human flow
02:Misstopia
03:小声は此岸に響いて
04:keep me keep me keep me
05:はじまりの教会
06:永遠の複製
07:ニールの灰に
08:dysphoria
09:彼岸で散る青
10:終わらない境界

EN1:holy


10/27 中田裕二TOUR '12 “IMPESIAL SUITE”@日本橋三井ホール(2日目)
1日目の様子はこちら。
2日目はちょろっとこちらに。

セットリスト
01:MY LITTLE IMPERIAL
02:灰の夢
03:リバースのカード
04:デイジー
05:ノスタルジア
06:迷宮
07:FUTEKI
08:LOST GENERATION SOUL SINGER
09:春雷
10:セレナーデ
11:UNDO
12:女神のインテリジェンス
13:バルコニー
14:ベール(演歌風のこぶしから始まり…笑)
15:虹の階段
16:DANCE IN FLAMES
17:話をしないか
18:静寂のホリゾント

EN1:つかずはなれず
EN2:ひかりのまち
EN3:新曲(バグ?だったかな)
EN4:ご機嫌いかが

11/25 中田裕二TOUR '12 “IMPESIAL SUITE”@柏PALOOZA

セットリストは日本橋三井ホールと同様。
ベール前は、津軽海峡冬景色を1番まるっと。(タロウさんのコーラスが素晴らしい!w)
アンコールの新曲が、エネミー(「すっごい悪いやつ」と本人は言っていた)に変更。
ダブアンあり、「すごく暗い曲を」と、アコギで弾き語り。「僕らはそう 高望みしすぎたんだね」

12/15 中田裕二TOUR'12 “IMPESIAL SUITE”@横浜BayHall

セットリストは日本橋、柏と同様。
ベール前は、ブルーライト・ヨコハマ。
アンコールの新曲は、タイトル未定(「久々に歌謡曲。超くどい」との紹介、私的には、漂流の序章のように聞こえた「気を失っても 求め続けた」)に変更。
(その後、大阪ライブでは、ユートピアという名前がついていたそうな)
ダブアンは、柏と同様。
スポンサーサイト
[2012/12/19 23:29] | 参加記録 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【参加記録2011】
1年後しに大改装。。。

5/13 J-WAVE LIVE SPRING~Heart to Heart~
渋谷O-EASTにて、J-WAVE主催の東日本大震災チャリティイベントに当選したので、行ってきました。
当日の様子はこちらです。

[セットリスト]
■高橋 優
1.素晴らしき日常
2.少年であれ
3.福笑い

■さかいゆう
1.ソングライター
2.故郷(ふるさと)
3.朧月夜
4.Train

■中田裕二
1.エンドレス
2.リバースのカード
3.ひかりのまち

■BONNIE PINK
1.Anything For You
2.Many Moons Ago
3.Grow
4.The Sun will Rise Again


6/24 中田裕二
yuji nakada presents『SONG COMPOSITE 2011』@横浜赤レンガホール


セットリスト
01. 少年時代 / 井上陽水
02. 落日 / ICEBOX
03. リバースのカード / 中田裕二
04. Sunday Monday / 中田裕二
05. Moon River (カバー ※ジャズの名曲)
06. ベール / 中田裕二(※今ツアー新曲)
07. また君に恋してる / 坂本冬美
08. 白日 / 中田裕二(※今ツアー新曲)
09. Woman 〜Wの悲劇より〜 / 薬師丸ひろ子
10. 青春の影 / チューリップ
11. もう恋なんてしない / 槇原敬之
12. Like a star / コリーヌ・ベイリー・レイ
13. 恋人よ / 五輪真弓
14. みずいろの雨 / 八神純子
15. 涙そうそう / 夏川りみ
16. エンドレス / 中田裕二
17. ウイスキーが、お好きでしょ / 石川さゆり
18. テネシーワルツ / 江利チエミ
19. ひかりのまち / 中田裕二

EN1. Missing / 久保田利伸(日替わり:白ワイン・甘め)
EN2. 即興リクエストソング(テーマ:『横浜』)
EN3. Endless Game / 山下達郎(日替わり:赤ワイン・重め)
EN4. 見上げてごらん夜の星を / 坂本九

※日替わりは、フロアから希望を聞いて…でした。

7/26 中田裕二『SONG COMPOSITE 2011』@Shibuya DUO -Music Exchange-
当日の様子はこちらです。

7/24 Un parti de l'ete 〜パルティ ド レテ〜なつのパーティ@西早稲田Blue Dlag
 マヌーシュベーシスト今給黎久美子さん主催のイベント
 第二部に手島大輔trioが出演でした。
 ここでBonjourを購入し、手島さんと小寺さんのサインをいただいた思い出…。
 10曲ほどの演奏でした。

9/26 Cocco ザ・ベスト盤ライブ5本〆@Zepp Tokyo
 同ツアーTOKYO DOME CITY HALLでのレポートはこちら。
サポートメンバー
 Guitar:大村達身
 Guitar:藤田顕
 Bass:高桑圭
 Keyboards:堀江博久
 Drums:椎野恭一

セットリスト
01:カウントダウン
02:強く儚い者たち
03:Raining
04:雲路の果て
05:樹海の糸
06:ポロメリア
07:けもの道
08:星に願いを
09:羽根 ~lay down my arms~
10:Rainbow
11:焼け野が原
12:blue bird
13:ガーネット
14:初花凜々
15:花柄
16:音速パンチ
17:甘い香り
18:ニライカナイ
19:絹ずれ
20:玻璃の花
21:新曲

12/13 中田裕二 TOUR'11-'12 "tour de romantisme"@日本橋三井ホール

当日の様子はこちらです。

サポートメンバー
 Guitar:竹内朋康
 Bass:小松秀行
 Keyboards:YANCY
 Drums:小松シゲル

セットリスト
01:リバースのカード
02:虹の階段
03:LOST GENERATION SOUL SINGER
04:記憶の部屋
05:バルコニー
06:イニシアティブ(新曲)
07:迷宮
08:恋わずらい(椿屋四重奏)
09:sunday monday
10:白日
11:endless
12:ベール
13:螺旋階段(椿屋四重奏)
14:タイトル未定(新曲)
15:ごきげんいかが

EN1:春雷
EN2:ウイスキーが、お好きでしょ(カバー)
EN3:クリスマスキャロルの頃には(カバー)
EN4:ひかりのまち

12/30 COUNTDOWN JAPAN 11/12 @幕張メッセ
公式サイトはこちらです。

◎当日の動き◎
 9mm Parabellum Ballet
    ↓
 お食事タイム
    ↓
 クリープハイプ(途中から)
    ↓
 ストレイテナー(途中から)
    ↓
  DOES(途中まで)

 mody on the 昨晩(途中から)
    ↓
 リクライニングで休憩
    ↓
 久保田利伸(1曲だけ)
    ↓
  cinema staff
    ↓
  THE NOVEMBERS
    ↓
 おやつタイム(アイス難民になる…)
    ↓
  ACIDMAN(途中から)
    ↓
 東京スカパラダイスオーケストラ

◎セットリスト覚書◎
9mm Parabellum Ballet
 Discomunication
 Survive
 Mr.Suicide
 Vampiregirl
 Black Market Blues
 銀世界
 カモメ
 新しい光
 Talking Machine(滝くんのイントロソロ「お正月」!)
 The Revolutionary
 Punishment

cinema staff
 想像力
 AMK HOLLIC
 優しくしないで
 実験室
 白い砂漠のマーチ
 KARAKURI in the skywalkers

THE NOVEMBERS
 永遠の複製
 ニールの灰に
 dnim
 彼岸で散る青
 holy
(サウンドチェック中に、こわれるのイントロを演ってくれて、くらくらしました。)
[2012/12/18 23:28] | 参加記録 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ひかりのまち
一人でも多くの人に届いて欲しい。
被災地に届いて欲しい。


あたたかくて、やさしくて、前向きで、でも背伸びしてるわけじゃない。
今まで聴いた椿屋四重奏の音楽より、もっと、中田裕二の言葉であることを感じる。


「春のさえずりと夏の青い空
 秋のやわらかさ
 冬の輝きが全部愛しくて」


いとおしいものを 全力で守りたい気持ち。
めいっぱいの祈りを こうやって みんなと共有できるものにできる、ミュージシャンは凄いな。
続きを読む
[2011/03/18 10:04] | 中田裕二 | トラックバック(0) | コメント(0) |
SENDAI SUNRISE @Zepp Sendai
すんごい、ものすっごい 今さらですが…
12/31-1/1に行われた SENDAI SUNRISE @Zepp Sendaiのレポを書いておきたいと思います。自分のために。


私は2階席、下手側での参加でした!貴樹を見下ろせる好位置…うふふ(ちょっと落ち着きましょう笑)

21時に開演して年越し、終演まで、長いようで あっという間だった。
もっともっと見ていたい、終わりたくないって、貪欲な気持ちで。
あと、終わったときに、物凄い集大成感を ひしひしと感じたのを覚えています。
(もちろんラストっていう感じとは違います。ここで一区切りなんだなぁっていう程度だけれど)
とにかく、椿屋四重奏の10年間ハイライト、そして今こうしてある姿を まざまざと見せ付けられて、あぁわたし 絶対にこのひとたちから離れられないよ、ずっとずっと追いかけてしまうよ…って思いながら、帰路についたんですもん。

あ、ちなみに、ワーナーのくじ引きでUSB(Not Saleと しっかり書いてあるw)いただきました♪
キーホルダー扱いしてますけど♪♪(USBとして使うには ちゃちすぎるので^^;)

セトリに沿っては追記をどうぞ。
続きを読む
[2011/02/08 01:34] | 椿屋四重奏 | トラックバック(0) | コメント(0) |
大切なお知らせ(主に下手班として想うこと)
かたちのあるものには、いつか終わりがくることぐらい知ってた。
何も失わずに同じでいられるとなんて思ってなかった。

でも、今じゃないと思ってた。
まだ早い、早すぎる。だってこれからでしょう。


「椿屋四重奏は2010年12月31日、Zepp Sendaiにて行なわれましたカウントダウンライブ、「SENDAI SUNRISE」をもちまして、解散いたしました。」


信じられない気持ちで、いっぱいで。それ以上に。
貴樹さんがベーシストを卒業することを知って、涙腺が崩壊した。

なんで、どうして。あんなに格好良いベーシスト他に知らない。
もう下手側で、うつくしい手先や、しなやかなベースさばきや、左足のリズムのとり方や、膝おとして弾く姿や、前髪の下にのぞく けわしかったり ぎらぎらしてたり なごやかだったりする表情や、口ずさむところや、
喋ったら異常に たどたどしいところや、
仙台が最後だったんだって。
もう 出会えないんだろうって。

それが いちばんつらい。

すごく私的な見方だけど、椿屋以外だったら、というか裕二さんと一緒にやるんじゃなかったら、音楽で食べてくってことはあったのかなぁと思っていて。
彼には、ふつうに就活して大学卒業して勤め人になって…って選択肢が身近だったはずだろうと思っていた。
「自分がどうこうじゃなくて、椿屋が先に立つ」、言ってしまえば「中田裕二が先に立つ」ベーシストだったと思う、永田貴樹という方は。
でも、だからこそ、中田さんのつくる音楽を きっと誰よりも理解していて、だからこそ椿屋四重奏は ここまで続いてきたし、あれだけ鮮やかなライブでの再現性を放っていたと思う。
彼自身は とてもとても控えめだったけれど。
恰好良いけど、ちょっと勿体無いよな。っていうのが、一昨年までの印象。

それが昨年から…やっぱりヤッチンが抜けて、モバイルサイトのメンブロなんかからも変わっていく気配がして。ツアー始まってからは、みるみるステージ上でも変わっていった。
手島さんがサポートというかたちで来てくれたことも一因なんだろうなぁ。
観るたびに 鮮やかに、アグレッシブに弾くようになった姿に ますます目を奪われて。
これからどうなるんだろう、たのしみだなって。

思ってた、矢先の。

あれは最後の めいっぱいの煌きだったんだろうか。

大好きな友人の、大好きな音楽を、いちばん近くで聴いて、奏でること。それに限界を感じてしまったこと。
自ら終わりを決めたこと、それを大切な仲間に伝えたこと。
それによって、自分の大好きなバンドの幕引きを背負ったこと。

あとは、いち社会人としてみたら、30歳手前にして10年続けてきた仕事から、違う職種へ転換をはかることであって…ましてミュージシャンっていう、正直特殊な職業から、の。

推測するしか出来ないけれど、どれほどの苦悩があったろう。
それを半年近くも抱え込むのは、どれほどの葛藤があったろう。

そう想ったら、さ。
受け入れるしかないよ。
ただただ、あなたの未来が明るいことを、すこやかに今日も明日も過ごせることを、
正しい やさしさが降り注ぐことを、全力で祈るよ。

10年間、本当におつかれさまでした。
これからも あなたの携わった音楽に、わたしは生かされていくのだと想う。
どうぞよろしくお願いします。


…こんなふうに、おもってしまっているので、
正直、椿屋四重奏がどうこう、というところが まだ 思考回路から ぶっとんでしまっています。。
あと、仙台のレポ…遅くなるけど必ず書こう。できるだけ、うがった見方のないように
続きを読む
[2011/01/13 23:29] | 椿屋四重奏 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
いとおしき おんがく。


だいすきな音にうずもれた、いとおしい時間の備忘録。

プロフィール

睦月

Author:睦月
ライヴの備忘録です。

椿屋四重奏、中田裕二、Cocco、cinema staff、THE NOVEMBERSなどなど。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。